土地売却の流れ

土地売却の流れを大まかにご説明したいと思います。土地を売却するのは個人では無理がありますし、基本的に不動産の専門家に任せることになります。不動産の専門家と言えば不動産会社となりますから、まずは不動産会社を見つけなくてはなりません。信頼できる不動産会社を見つけたら担当者に土地売却したい旨を話し相談に乗ってもらいます。

不動産会社売却にあたっては法律や税金、経費など専門家のアドバイスは必須となります。その後物件の調査、価格査定に移ります。その土地がどれだけの価値があるのか、いくらで売れるのかということを事前に確認しなくてはならないからです。建築年数や相場、管理状況などをトータルでチェックしたうえで査定価格は決められます。査定は無料という会社が多いですから事前に問い合わせておくと良いでしょう。

売却を決めたら不動産会社と媒介契約を結び、不動産会社は土地を売却するためにさまざまな営業活動を行います。買主を探すために広告を作ったり、ネットワークを駆使して買主を探すのです。また、不動産会社が直接物件を買取る方法もありますから、こちらを選ぶのもアリです。仲介と買取だと買取のほうが価格は安くなってしまうことが多いですからそこは注意してください。

不動産を売却するための最初の一歩となる査定

不動産を売却するにあたって、まず最初に行わなくてはならないのが査定です。信頼できる不動産やさんとのお付き合いがあれば良いのですが、そうした人脈がない場合には売却価格を決めるためにも査定を行う必要があります。

しかし、一社だけに頼むのでは比較検討することができません。そのため複数の会社に依頼を出すのが望ましいといえます。ネットを使える環境であれば、オンラインで一括して複数の会社に頼めるサービスなどもあります。査定は無料で行ってくれる会社がほとんどです。

また、重要な指針となるのは、価格だけではありません。担当の方の熱意や、人柄等も重要な要素です。査定価格がいくら高くても、最終的な売却価格がいくらになるかはでわかりません。また、売却に至るまでの期間も問題となります。不動産の売却となると大抵の場合には大きなお金が動く取引ですから、信頼できる担当の方とパートナーシップを大切にして売却まで順調に運びたいものです。

不動産の売却は不動産会社に仲介を依頼

マンションや住宅などの不動産を売却したい時には、多くの場合、不動産会社に仲介してもらいます。まず、売却したいことを不動産会社に連絡すると、その不動産会社の人間が不動産を査定しにやってきます。築年数や建物の傷み具合などから査定額を算出します。

ここで注意が必要なのは、仲介を依頼した場合、車の売却などとは異なり、不動産会社自信が購入するわけではないということです。査定額はそのマンションや住宅などを売りに出す時の価格なのです。そのため、高い査定額で売り出しても買い手がいなければ金額を下げる必要もでてきてしまいます。異常に高い査定額はただ仲介を自分の会社に依頼してもらう手段にすぎず、後から売れないからといって値段をぐっと下げる業者もいるので注意しましょう。

そんな自体を防ぐには、まず相場を把握しておく必要があります。近くの同じような築年数の建物がどれくらいで販売されているかなどをチェックしたり、インターネットの簡易査定などを利用しても便利だと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket